DM 杏子沼

過去展示

永井綾音 吉村亜希子 2人展 「杏子沼」2017 Aug 24 Thu - 2017 Aug 28 Tue

杏子(あんず)の花言葉は「乙女のはにかみ」だそうです。

吾々は沼にはまり続けています。会話も、動きも、行先も。

 

よくぞ展示に辿り着きました。

沼にはまりながらも、がんばる我々を見に来て欲しいです。

 

【会期】 2017年8月24日(木)~29日(火) 11:00~19:00

※初日24日は13:00よりオープン、19:00~20:00お茶会  最終日29日は16:00クローズ

 

 

Print
http://studio-yoshimoe.com/anzunuma/text.html にて展覧会情報を随時更新する予定です

 

 

永井綾音

今回、初めて二人で展示をすることになりました。吉村は絵画を、私は絵画と立体作品を展示します。

吉村は主に風景を描き、私は主に抽象や生き物描いています。二人の共通点は色彩が豊かなところと、作品が素直な所だと思います。

展示名の杏子沼は架空の沼です。二人でつくった展示「杏子沼」よろしくお願いします。

 

永井さん1

◆制作について

絵画・ドローイング(平面)と彫刻(立体)の作品を制作しています。

まず絵を描き、それを立体にします。線や色の側面、裏側を想像しながら、絵を描くような意識で作っています。

作品の置かれている台座は、平面作品の背景部分と同じ色に塗ります。立体作品を観る際、同時に目に入ってくるからです。

本展では立体を作り始めたばかりの頃の作品と、その後の作品。そして新作を展示します。

 

永井さん2

 

 

吉村亜希子

沼を調べようと思って、広辞苑を開きました。

ぬ行のページ、9ページぐらいしかなかった!す、すくない!!

そして、沼に関する図鑑や協会って、意外と見つけられませんでした。しばらく、沼について調べたいです。

でも、今回の展示は、実物の沼ではなく比喩としての意味合いが強いので、よろしくお願いいたします。

 

◆制作について

絵画を描きます。風景が多いです。

モチーフに対してはこだわりが薄く、毎日通るところとかなら描きやすく選びがちです。

でも、意外とこだわっているのかもしれませんが。
どっちつかずですみません。

色彩が一番大事です。

最近、絵を描いているとき、おかたい人になりやすいので、もう少し自由な人になって制作して、展示したいと思います。

 

吉村さん1

 

書籍も制作していたりして、絵だけ描いていると気が狂いそうだったりして始めたのですが、のびのび出来ていると思います。

 

Print

 

 

 

 

 

 

 

Recent Posts

Archives